別所温泉 北向観音


医王尊瑠璃殿


愛染桂(樹齢1200年 樹高22m )

州の鎌倉「別所温泉」の中心地にある「北向観音」の歴史は古く825年の創建です。昔から日本全国の人々の信仰を集め厄除観音で有名です。北を向いているのは善光寺と向き合っているからとされ、「裏善光寺」と呼ばれる場合もある。善光寺が来世の利益、北向観音が現世の利益をもたらすということで善光寺のみの参拝では「片参り」になってしまうと言われてる。 愛染堂の近くに縁結びの霊木として崇められている愛染かつらの巨木があり、川口松太郎の名作「愛染桂」はこの木からヒントを得たという説があります。

北向観音
無休  拝観料/志納
電話 0268-38-2023
詳しくは

別所温泉観光協会

安楽寺・八角三重塔

鎌倉時代にできた信州最古の禅寺。石段上に見える国宝の八角三重搭は鎌倉時代末期の建立。木造では日本唯一の八角の塔。中国宋時代のもので、唐様といわれる建築様式が見られる。長野県で初めて国宝に指定された建造物。

              【電話】 0268-37-1650  【開館時間】 9:00〜17:00(7月〜8月は18:00まで)
              【
拝観料】 大人300円(20名以上240円) 小人100円(20名以上80円)  
              【拝観時間】  3月〜10月 午前8時〜午後5時 11月〜 2月 午前8時〜午後4時

詳しくは