峰の原高原・緋の滝


遊歩道入り口


途中にある「コロボックル」の石碑

緋の滝(落差50mの分岐爆)


炭焼窯跡(昭和16年から昭和47年まで使用されていた)

昔、仁礼地区に住む若者が炭焼きをしていると、滝の上に緋色の糸を紡いでいる美しい女性を見た。それは亡くなった母に似ていた。ある日猟師が「化け狐め」と母を撃ってしまった。すると滝には緋色の糸がとめどもなく流れたという。民話より、この滝を「緋の滝」と呼んでいる。

緋の滝の自然