飯綱町のさくら(長野県天然記念物)


地蔵久保の「大山桜」

樹齢130年 樹高15.5m 幹周り5.3m

長野市と飯綱町境の坂中トンネルを抜けた場所にひっそり佇む大木で、紅の濃い鮮やかな花を咲かせます。寒冷地や山地に自生し、北海道にも多く見られることから、エゾヤマザクラ・ベニヤマザクラとも言われており、樹齢130年での力強い咲きぶりには一見の価値がある。平成17年3月に県の天然記念物に指定されている。


袖之山の枝垂桜 (長野県天然記念物)

樹齢320年 樹高8.5m 幹周り5.4m

枝振りの美しさと煙るように咲く花の趣は、見事で味わい深い春の風情を見せます。樹齢320年のしだれ桜は、通称「安養寺の柳桜」とも言い、日本画家中島千波画伯による「袖之山枝垂桜」のモデルになった桜です。


見頃は4月下旬

詳しくは、飯綱町観光協会