奈良井宿


中山道十一宿のうち北から2番目の難所:標高940mの鳥居峠のふもともっとも高所にある宿場町。かつては木曽路十一宿中一番の賑わいがあった。その様は「奈良井千軒」と謳われていた。奈良井宿は鳥居峠の上り口の鎮神社を京都側の入口とし、奈良井川に沿って約1kmの中山道沿いに町並みが形成されています。旅籠の軒灯、千本格子など江戸時代の面影を色濃く残しています。時代を超えた風格が感じられます。 昭和53年5月に、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定、また平成元年には建設大臣の「手づくり町並賞」を受けたのをはじめ、平成19年には「美しい日本の歴史的風土100選」に選定さた。
まるで江戸時代にタイムスリップしたような錯覚におちいる、 また、木曽路の中で標高の高い奈良井宿は、自然も豊かで四季折々の風情を思う事が存分に楽しめます。 郷土食のおやき、五併餅、おそば、甘味処などのお店から、漆器や漬け物、工芸品などのお店やも並んでいます。


鳥居峠を行く人、来る人の渇きを癒してきた水場。奈良井宿ではそこかしこに見ることができ、旅人と地域住民の憩いの場でもあります

木曽の大橋


美しい総桧造りの太鼓橋は橋脚を持たない橋としては日本有数の大きさ。これを渡れば広大な芝生公園(水辺公園)が広がります。木曽の大橋での記念写真は定番です。

木曽くらしの工芸館


「道の駅木曽ならかわ」内にある工芸館で、木曽の木々から出来上がった漆器や木工工芸、家具等が展示販売されている。

詳しくは
奈良井宿観光協会
TEL0264-34-3048