白駒池



白駒池 

北八ヶ岳自然休養林にあり神秘的な「白駒池」(標高;2,115m)は、苔むした「コメツガやシラビソ」などの鬱蒼とした原生林の中を行くと、突然現れる神秘的な池です。 白駒池は周囲約1.6km、最大深度約8.6mの自然湖で、2,000m以上の高地にある湖沼としては日本最大の池です。名前は、"白馬とともに湖に消えた悲恋の娘の伝説"にちなんで、名づけられたと言われています。湖畔沿いには一周50分位でまわれる遊歩道が設けられおり白駒池周りの鬱蒼とした原生林は苔むしていて、森林浴と癒しの効果『フィトンチッド』もたっぷりです。

詳しくは

ぴんころ地蔵

信州佐久地方は、日本でも有数の長寿の里として知られています。住みやすい風土と、千曲川の清流、そこで育った佐久鯉、新鮮な果実、野菜などの食物と、昔ながらの勤勉さ、信仰の深さが健康長寿の秘訣とされています。健康で長生きし(ぴんぴん)楽に大往生(ころ)を願ってここに長寿地蔵尊として平成15年に「ぴんころ地蔵」が成田山山門に建立されました。毎月第二土曜日を縁日とし、健康長寿や子どもたちの健やかな成長を願う県内外からの参拝者で賑わっています。

詳しくは

旧中込学校(重要文化財・国史跡)


旧中込学校は、明治時代初めに建てられた小学校の建物が今まで残っているもので、現存する最も古い西洋風の学校建築の一つとして、国の重要文化財に指定されています。松本市の旧開智学校も同様の施設ですが、旧中込学校の方が、移築や改変が少なく当時のままに近く、より素朴な感じです。
2階の中廊下などに美しいステンドグラスの丸窓があり、そのため「ギヤマン学校」とも呼ばれていました。教育関係の資料が展示されて資料館が隣接しています。また、小さな公園もあり、C56蒸気機関車も展示されています。

開館時間 9時〜17時(11月〜3月は〜16時)
休館日 月曜日・祝日の翌日
入場料 250円(高大生150円・小中学生120円)
Tel. 0267-62-7845

詳しくは