中山晋平記念館

 中山晋平は、「カチューシャの唄」「ゴンドラの唄」「東京音頭」など、素朴なメロディーの童謡を数多く作曲した、明治20年中野市生まれの作曲家である。記念館では、日本の歌謡史に偉大な足跡を残した晋平の資料や遺品を展示。晋平作品の数多くをビデオ上映で楽しめ、懐かしいメロディーの世界に浸ることができる。


休館 月曜(12月〜3月ただし祝祭日は開館)   9〜17時
入館料 一般 300円 高校生150円
中学生以下、身体障害者手帳・療育手帳または精神障害者福祉手帳のいずれかをお持ちの方、付き添いの方、70歳以上の方は「無料」

TEL 0269−22−7050

詳しくは