立山黒部アルペンルート


黒部湖


黒部ダム

長野県と富山県の県境にあり、全国的にも有名な大町と立山をつなぐ雲上の観光ルート「立山黒部アルペンルート」。
中部山岳国立公園の3000m級の山々を貫いて整備されたルートで、移動はトロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイなどの乗り物を乗り継いで行きます。登山をしなくても雄大な山岳風景を目の当たりにできます。
 秘境の難工事で知られる「黒部ダム」、ダム湖と後立山連峰を望む「大観望」、溶岩台地の「室堂平」などの見所が豊富。春の残雪、初夏の新緑や高山植物、秋の紅葉と季節ごとに絶景を楽しめます。
弊社ベテラン乗務員が、ご案内させていただきます。

黒部ダムの観光期間 4月10日〜11月30日まで

黒部ダムオフィシャル


黒部平
立山連峰と後立山連峰に挟まれた黒部平には「高山植物園」があります。


立山ロープウェイ


大観望展望台より、黒部湖を望む


室堂平
周辺の散策途中で「ライチョウ」に出会う事があります。


立山連峰


みくりが池
噴火によってできた高山湖で、周囲600m、水深15m

立山黒部アルペンルートオフィシャル

立山黒部アルペンルート路線図(通り抜けの場合)

大町市(扇沢)−トロリーバス16分ー黒部ダムー徒歩15分ーケーブルカー5分ーロープウェイ7分ー大観望ートロリーバス10分ー室堂ー高原バス50分ーケーブルカー7分ー立山駅   合計料金 8,060円

※上記所要時間は3時間ですが、待ち時間や観光を含めると約7〜8時間は必要になります。

タクシー料タクシータクシー料金  須坂〜扇沢 タクシー 26,000円 ジャンボ 約42,000円