草津温泉 (群馬県)


日本三大名湯に数えられる、草津温泉は、自噴する温泉としては、日本で一番の湧出量を誇っています。観光名所「湯畑」では、源泉から「湯の花」が採取され、まさに温泉の畑であります。草津温泉の歴史は古く、古代に発見され、以後、多くの人々に親しまれ続けています。江戸時代には、将軍の元へ、「草津温泉」を献上しました。

詳しくは

穴地獄 チャツボゴケ公園

草津温泉から車で20分、昭和41年までこの地に鉄鉱石の鉱床があり露天掘りによる採鉱が行われました。
その露天掘りの窪み、「穴地獄」に自生しているのが「チャツボミ苔」。
穴地獄から酸性泉が湧出、強酸性の水を好むチャツボミゴケに絶好の生育環境を与え、日本最大級のコロニーが形成されています。
2000uにわたりチャツボミゴケが深く澄んだ緑を湛える様は、圧巻です。


チャツボゴケの群生

開園時間 9時〜16時  保全協力金 300円/1名

詳しくは